FC2ブログ
2008/11/30 19:24
今回のレースですけどね、聞きますか?ああそうですか。。んじゃ

アンプのトラブルがなかったら、勝ててたんちゃうん
予選1,2回目は人間のレースに対する姿勢に問題がありまして自滅やけどね
予選3回目はボディもちゃんとしたし、タイヤもちゃんとしたしで本来の走りが出来てた訳ですよ。

言わせてもらいますとね、同じヒートで走るのは全日本ファイナリストと関西の実力者(言いたくないけど)の2人、そんな中でやで、中盤までに追い上げてヒートトップに立ってる訳ですよボクは
まだまだやれる訳ですよ!もうええ歳やけど!
上がった路面に苦しんでる2人をよそにR5はええ感じでスイスイ走ってくれてた訳ですよ!
アベレージもええ感じでこのまま行ったら予選3位くらいいくんちゃうか?って感じやったわけですよ

なのに、なのにクルマがストレートで息継ぎしだしよりまんねん
あとはジャマにならんようにちょろちょろ走るだけですわ、決勝レースでのヤングモンキーのクルマの動きや2位以下の走りを見た上で導きでされた結論は。。

勝ててたな


優勝を阻んだアンプとモーターの問題は解決済みでレース後、残業して確認もしました。
調子が良かったFタイヤは借りもんだったんで手持ちのタイヤで走ったんやけども
やっぱりアンダーで思うように攻められへんかったわりに、タイムを見に行くと
10秒前後で走れてた様子で途中でストップすることもなく(ミスはあったけど)
やっぱりモーターの問題やったようですな。

勉強になりました、今時のブラシレスシステムはこの日が2回目で知らんことはまだまだありそうです。



スポンサーサイト



2008/11/30 00:09
んで、R5の軽メンテもやっといた訳だが、

まずはフロント周りから、バラして清掃、組み立て、終了。
CIMG0024.jpg
ピボットボール?ってゆうんやったっけ?BMI付属のアルミ製からR5ノーマルに変更、
。。やっぱり渋い
時間があったんですこしガンバってみる、まずはいつものやり方で、
ピボットボールツールを使ってサスアームに挿入、そのまま反対側から出すをいい感じになるまで繰り返す、プライヤー等で握ったりはできるだけしないようにしてます。
がしかし、R5のサスアームはやはりかなり手強かった
ええかげん面倒くさくなってきたんで、両口元をボディリーマで軽くさらえて対処

キングピンシムは上が4枚で下はサイクロン用のアルミシム1枚、STナックルはアソシL用
バネはアソシ0.45、手持ちのバネをマッチングして装着。


次ダンパー

ピッチング#30(アソシ)   ロール#55(アソシ)
CIMG0008.jpg       CIMG0031.jpg

んで最後にデフを組み直して完成
CIMG0001.jpg